Powered by Six Apart

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

« PHA LE 「VO BOC」 | メイン | THAO LE 「CAN MOT CHUT…」 »

2012年3月25日 (日)

仲谷かおり 「カオリーヌ」

Pnakatanikaori005
 しばらくベトナム・シリーズが続いておりますので、ここらでちょいとブレイクしておきましょうかね~。というワケで今回取上げますのは、10年ほど前にちょっとだけ活躍した(?)、「大人のアイドル」仲谷かおりの01年のミニアルバムでございます。昨日久し振りにブックオフを物色したのですが、500円棚で発見して思わずゲットしてしまいますた!

 仲谷かおりと言えば元々はJALかどっかのホンモノのスチュワーデスで、本職と平行して巨乳を売りにしたグラビア活動をヤッテいたことが会社にバレて、服務規程違反でクビになったという経歴を持つ愉快な娘ですが、ホンモノのスッチーだっただけのことはあり(?)、ルックスに関してはかなりイケていたと思います。

「イケてますか?」by仲谷さん
Pnakatanikaori002

 そんな仲谷さんが図に乗って出したブツがコレなんですが、ちょっと人気が出たらCDを出すというのが世の常人の常、仲谷さんもその例外ではなかったワケでございますな。まあ、そんなブツにロクなものが無いというのも世の常人の常なんですが、仲谷さんもその例外ではありません。ちょいと「ヨーロッパの憂鬱」みたいな雰囲気を醸し出す音をバックにして、OLのカラオケレベルのヘッポコな歌を聞かせてくれるのでやんすよ♪

「OLのカラオケレベルなんて、本当のこと言わないで下さい!」by仲谷さん
Pnakatanikaori003

 それにしても殆ど棒読みという感じのこの歌、よくこんなレベルでブツを出す気になったと思いますが、人気がある時は勘違いしてしまうのも世の常人の常、仲谷さんもその例外ではなかったのでありましょう。一時の熱病にうなされてしまったようなモノなのでしょうね~。おそらく今になって振り返ってみたら、本人にとっては顔から火が出るほど恥ずかしい過去なのではないかと推測されます。

 しかし、この棒読みで音がハズレまくって声が震えたりしているド素人歌唱を、「なかなか心地好くて面白いやんけ!」などと楽しんでしまっているわっちのような人間もいるワケでございまして、たとえ勘違いして出したブツであったとしても、とりあえず出せる時には出してしまうというのは正解なのでありましょう。

「ヤレる時にヤッテしまいましょうね♪」by仲谷さん
Pnakatanikaori004

 当然このブツにはヘッポコな歌ばかりが入っているんですけど、特に4曲目の「おやす眠眠ぜみ」という曲は素晴らしいですよ♪寄せては返す波のようなシンセの音をバックに、仲谷さんが「羊が1匹、羊が2匹・・・」と延々と棒読みで羊を数えていくだけの語りなんですけど、10分以上にわたって「羊が148匹」まで数えた後、「良い夢を」なんて棒読みで終わってしまうという衝撃の凄まじい曲(曲か?)でございます。いいですね~、こういう猛烈にメチャクチャで展開もクソも無いとんでもない曲って!わっちは仲谷さんのファンになってしまいますた!

 まあこんなシロモノは誰にもお薦め出来るワケが無いんですけど、仲谷さんのルックスが気に入った方であれば持っていても損は無い・・・とは思いませんが、気になる方は是非お探し下さいませ~♪

あと、当然のことながらこんなブツの試聴なんぞどこにもあるワケがありませんので、試聴の貼り付けは無しでやんす。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/544848/28211127

仲谷かおり 「カオリーヌ」を参照しているブログ:

コメント

 やあ、おかげさまで(笑)この盤、昨夜からずっと探しちゃいましたよ。気になって気になって。でも、ないですねえ。
 それにしても不思議です。傑作!とか言われると、「うむ、聴く機会があったら聞いてみよう」とか冷静な反応ができるのに、ヘッポコとか棒読みとか言われると、「それ欲しい!今、聴きたい」といきり立ってしまう。これって、なんだ?
 まこと、無明の道を行くが如し、音盤道・・・

>マリーナ号さん
おおっ、このブツを探されていたとは、ご苦労様でございます。しかしこんなヘッポコ盤が売れるはずありませんので、発売後に即廃盤になってしまい、ほとんど市場に出回っていないのではないかと思われます。ワタクシがこのブツと出会えたのは、単なる偶然でありましょう。

それにしても仲谷さんのヘッポコ棒読み歌唱は、破壊力満点であります。ヘッポコの森を彷徨いたい方には、是非お聞きいただきたいと思います。マリーナ号さんが、いつかどこかでこのブツに出会えることをお祈りしております・・・などと無責任なことを言いつつ、今日も「おやす眠眠ぜみ」を聞きながら布団に入るワタクシなのでございました。

コメントを投稿